専門家に相談も

所有不動産に当面の使用予定がない場合には資産運用を考えなければ勿体ないと思います。
短期的に運用するのか、長期的にするのかによって利用形態は異なります。
短期であれば過大に投資をすると回収が出来ませんので、初期投資を抑えて実施します。
立地にもよりますが駐車場などは最適です。
最近は駐車場専門の業者が自前で駐車場工事を行うため、単純な土地の賃貸で資産運用することが出来ますから、リスクを抑えることが出来ます。
長期で資産運用をする場合には専門家を入れてマーケットを良く分析したうえで最適の開発をする必要があります。
当該地の開発上の制約を踏まえて最大に容積を稼げるプランにすることが収益物件としての価値を高めます。

最近の資産運用の傾向としては単純に収益を稼ぐということだけでは無くなっています。
今年から相続税が増税になることもあって事業用の建物を建てることによって土地の相続税評価額を下げる節税効果を狙ったケースが増えているようです。
こうしたケースでは必ずしも物件で必ず収益を上げるという目的ではありませんので、収支トントンくらいの計画でも実施に踏み切っています。
不動産で運用する場合には世の中のトレンドや人々の嗜好の変化などにも目を向ける必要があります。
単なるマンションを建設するよりもシェアハウスを建設すれば実質的な部屋数はシェアハウスの方が多くなるので、家賃が安くてもトータルの収入は多くなります。
トレンドに沿った資産運用が重要です。